毎日の小さじ1杯のクミンで体重や体脂肪が劇的に減ることが明らかに:調査結果

2015年02月25日 12時00分

2015年02月25日 12時00分

flickr_Gusjer
flickr_Gusjer

カレーの香り付けとして使われる“クミン”。スパイシーな香りが炒めものや煮物料理などにもよく合い、人気のスパイスとしてスーパーの棚にも並んでいる。

この度、クミンの持つ驚異的なダイエット及び健康効果が明らかになったのでお伝えしよう。

体重、体脂肪、コレステロールを減らす

イラン・Shahid Sadoughi University of Medical SciencesのZare R氏らによると、クミンには減量を促し、体脂肪を減らし、コレステロールを正常値に戻す働きがあるという。

同氏らは太り過ぎの女性88人を対象に実験を行った。被験者を2つのグループに分け、いずれの人々にも3か月間栄養カウンセリングを受けてもらい、日々の食事の摂取量を500カロリー減らした。

更に一方のグループには毎日小さじ1杯(3グラム弱)のクミンパウダーを、約142グラム(5オンス)のヨーグルトに混ぜて摂取してもらったそう。尚もう一方のグループは、クミンの入っていない同量のヨーグルトを毎日摂取。

1日小さじ1杯で劇的な効果あり

3か月後、クミンを摂取していたグループは、摂取していなかった人に比べ約1.4キロ(3ポンド)余計に体重が減っており、計約5.9キロ(13ポンド)の減量に成功した。

特筆すべきは、クミンのグループでは体脂肪が14.64%減っており、これは対照グループの4.91%の3倍にのぼり、クミンが脂肪を燃やすスパイスであることが判明した。

効果はそれだけにとどまらず、有害な血中脂質であるトリグリセリドの値も、クミングループでは23ポイント減少。対照グループでは5ポイントマイナスにとどまった。

更に悪玉コレステロール(LDLコレステロール)においても同様で、クミンを摂取していた人は平均で10ポイント減、対照群ではわずか0.5ポイント減という結果に。

新陳代謝を活発に

これだけの効果の違いがあらわれた理由は、クミンには植物由来の化学物質である植物ステロールが豊富で、体内でのコレステロールの吸収が抑えられるため。

また同氏らによると、クミンの摂取で被験者の新陳代謝が一時的に上がったと考えられるという。

注目の記事