薄毛やニキビにも効く!にんにくの知られざる3つのパワー

Text by

  • 0
flickr_issyeyre

flickr_issyeyre

「滋養強壮」と聞いて真っ先ににんにくを思い浮かべる方も多いだろう。しかしにんにくの秘めたるパワーはそんなものだけではない。

そこで今回は、疲労回復や精力アップだけではない、知られざるにんにくパワーを以下のとおりご紹介しよう。

ちなみに、米メリーランド大学メディカルセンターによると、にんにくの適正摂取量は1日4片までだそうだ。

1.ニキビを治す

にんにくはその殺菌効果などにより、ニキビの治療にも有効である。

にんにくのあの独特な匂いの成分の1つが「アリシン」なのだが、このアリシンにはラジカルによる悪影響を阻止し、バクテリアを死滅させる働きがあることが、カナダ・クイーンズ大学のVipraja Vaidya医師らの調べで明らかに。

アリシンが生成する腐敗分解物質である「スルフェン酸」は、ラジカルに素早く反応しニキビ跡や皮膚病、アレルギーの治療に効果があるという。

2.薄毛対策に

薄毛や抜け毛に悩む男性にとってにんにくは心強い味方だ。頭からにんにく臭を漂わせることさえ厭わなければ、薄毛の恐怖から解放されるという。

にんにくにはケラチンはじめ、高濃度の硫黄分が含まれているが、これは髪の毛のタンパク質と同じものだそう。つまりにんにくは髪を強くしその成長を促してくれる。

事実、イラン・マーザンダラーン大学のHajheydari Z氏らが行った実験では、吉草酸ベタメタゾンを用いた円形脱毛の局所治療に、にんにくジェルを加えたところ髪の確かな再生効果が認められたという。

3.骨を丈夫にする

にんにくは骨にも良い。というのも、米栄養学者のRisa Groux女史によると、にんにくには骨の健康に欠かせない亜鉛やマンガン、ビタミンB6、ビタミンCが豊富で、骨の形成と結合を助け、代謝を上げカルシウムの吸収を良くするという。

インドのプレジデンシー大学、Mukherjee M氏らが行ったマウス実験では、ガーリックオイルが、性腺機能低下状態マウスの骨の健康維持に効果的であることが明らかになった。

つまりにんにくには骨を強く、健康にする栄養素が含まれており、特に骨粗しょう症の女性などへの効果が期待できる。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking