海で紛失したiPhoneが録画モードのまま海底の世界を撮影→見事生還を果たす

Text by

  • 2
YouTube/Gregory Papadin

YouTube/Gregory Papadin

誤って海にiPhoneを落としてしまったものの、無傷で見事に生還を果たしたiPhoneが話題になっている。

しかもくだんのiPhoneには、海に落ちてから助け出されるまでの一部始終が録画されており、普段なかなか目にすることができない海中の世界が映されていた。

図らずも海底散歩を経験することとなったiPhoneの持ち主は、グレゴリー・パパディンさん。

スペインでのバカンス中、ボートから海に飛び込んだ際に誤ってiPhoneを落としてしまったそう。

動画撮影モードのまま、海中へ沈みゆくiPhone。

YouTube/Gregory Papadin

一瞬の衝撃と共に動きを止めた。海の底に到達したとみられる。

YouTube/Gregory Papadin

ここからiPhoneは海中で起きた興味深い事柄をつぶさに記録していく。

上で右往左往する人たちや、

YouTube/Gregory Papadin

こちらに来ようとするものの、海底まで潜れず何度も断念するグレゴリーさんと思しき人物。

YouTube/Gregory Papadin

行き交う魚の姿も。

YouTube/Gregory Papadin

しばらく静観を続けたiPhoneだったが、不意に現れた人物につかまれついに浮上。

YouTube/Gregory Papadin

再び持ち主のグレゴリーさんとの再会を果たした。

YouTube/Gregory Papadin

彼も「オー!ノー!サンキュー」ととても嬉しそう。

ちなみにこのiPhoneはLifeproofという防水ケースをつけていたため、今回の奇跡の生還が実現したそうだ。

また最終的に、海底まで潜りiPhoneを救出するという離れ業をやってのけたのは、借りていたボートのオーナーだとか。

詳細は動画をご覧いただきたい。

視聴者からは「iPhoneには気の毒だったね。無事で何より」「すごい!」などのコメントが寄せられている。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking