今年が最後の誕生日?5歳の少女のために街を挙げて開かれたバースデーパーティーが切ない

Text by

  • 1
Facebook/Lila May's Birthday Princess Ball Plannin

Facebook/Lila May's Birthday Princess Ball Plannin

米オレゴン州に住むリラ・メイ・ショウちゃん(5)は、今年最後の誕生日を迎えることとなった。

というのも、地元メディアKOIN が伝えるところによると、彼女は2歳の時神経芽細胞腫と診断され、以来治療を続けてきたが、この度主治医より両親に対し、これ以上の治療にはリラちゃんの体が耐えられず、もはや治療法はないと告げられたという。

彼女の余命はあと数か月、11月末のサンクスギビングの頃までもつかどうか…とのこと。

「娘が誕生日を迎えるのは今年が最後」と覚悟した母ハイディー・ホールさんと、父ライアン・ショウさんは、リラちゃんのために一生分の誕生日会を開こうと決意しフェイスブックで呼びかけた。

そして地元企業の協力や寄付、多くのボランティアのおかげで、先月31日、まさに街を挙げての一世一代のバースデーパーティーが開かれることに。 

Facebook/Lila May's Birthday Princess Ball Plannin

Facebook/Lila May's Birthday Princess Ball Plannin

馬車でのパレードにも、由緒ある地元銀行で開かれたパーティーにも、大勢の人々が祝福に駆け付け、両親も「リラはこんな経験したことがない」と話した。

用意された衣装や食事、演出のすべてが全米中から集まった寄付によるもので、およそ1,000人の人がリラちゃんのために集まったと推察されるとか。

大勢のプリンセスに囲まれたリラちゃん。

Facebook/Lila May's Birthday Princess Ball Plannin

大好きな継父からもプロポーズされ、一足早い父と娘のダンスも披露した。

Facebook/Lila May's Birthday Princess Ball Plannin

しかし、彼女が誕生日を迎えられるのは今年が最後かもしれず、父(実父)の涙がすべてを物語る。

Facebook/Lila May's Birthday Princess Ball Plannin

母ハイディーさんは多くの人の愛情とサポートに感動の涙を流し、「感謝してもしきれない」と述べている。 

同パーティーに協力した人からは「ほんの少しでもリラのために何かできて嬉しかった」といった声が届き、その他「ご家族の気持ちを思うと切ない。彼女の小さな命が救われますように」「小さいのに勇敢な少女。その笑顔がこれからも人々を照らし続けるでしょう」「お父さんとのダンス…悲しすぎます」などのコメントが寄せられている。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking