捨てられたワンコたちを乗せて走る、おじいちゃん手作りの“列車”が話題に

Text by

  • 3
Facebook/Tiffany Johnson

Facebook/Tiffany Johnson

あるおじいちゃんとワンコたちの心温まる交流が、今複数のメディアで取り上げられ注目を集めている。

動物に関するニュースサイトThe Dodoが伝えるところによると、米テキサス州フォートワースに住むユージン・ボスティックさん(80)は、10数年前に仕事をリタイアして以降、飼い主に捨てられたワンコたちの世話に明け暮れる日々を送っているという。

捨て犬は増えるばかり

世話好きのユージンさんと、兄(または弟)のコーキーさんは近所でも有名で、飼えなくなった犬をユージンさんたちのところに捨てていく人が後を絶たないとか。

その数は増えるばかりで、犬たちを獣医に連れて行くのでさえ一苦労…というわけで、「移動にはもっぱらトラクターを使っている」とユージンさん。

ワンコ列車を考案!

ただのトラクターではない。上の写真にあるとおり、後ろに複数のカートをつなげた「ワンコ列車」である。

連なるカートに1匹ずつ犬を乗せて行くユージンさんご一行が目立たぬはずもなく、街では多くの住民が目撃している。

この写真も、毎朝列車に乗って出かけていくおじいさんと犬たちが気になって仕方なかったという女性が、撮影の許可をもらいフェイスブックに投稿したものだ。

This is the coolest guy he rescues stray dogs and every morning he takes them for a train ride by our building, i finally got the courage up to ask if I could take his pic! Love this and had to share!

Posted by Tiffany Johnson on 2015年9月17日

今では街の名物に

ユージンさんを先頭に、列車に乗って散歩するワンコたちの姿は今や街の名物に。

imgur/Satci

「もう80歳だし、いつまで続けられるかわからないけれど、できる限り彼らの面倒を見たいと思う」と、ユージンさんは語っている。

先に紹介した投稿のシェア数は4万8,000件に迫り、「なんて可愛らしい光景」「素晴らしい!」「みんな彼を見倣うべき」「見ているだけで幸せな気持になります」といったコメントが寄せられている。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking