自分だけの月明りで癒される…登場間近のルームライト「Luna」がステキ!

Text by

  • 3
indiegogo/Luna Moon

indiegogo/Luna Moon

すっかり爽やかな秋の空気へと入れ替わり、今月27日の中秋の名月を楽しみにされている方も多いのでは?

美しい月を愛でるのはナントモ乙なものだが、天気が悪いと見ることができないのが玉に瑕。

そこでいつでも、しかもすぐそばで月の光を楽しめる…そんなグッズをご紹介しよう。

自宅にいながらにして、自分だけの月明かりを満喫できる照明器具「Luna(ルナ)」である。

indiegogo/Luna Moon

これは台湾にあるデザインスタジオ「Acorn Studio」が開発したもので、グラスファイバーの球体を、毒性のないゴムでコーティングし、趣のある“月”を演出。

サイズは直径約8センチ(75ドル)と手頃なものから、約60センチ(875ドル)の大きな月まで7種類。サイズによっては既に売り切れているものもあり、注目度の高さがうかがえる。

indiegogo/Luna Moon

最も小さなサイズのみLED電球と電池を使用。その他のサイズはハロゲン電球が使われ、コードを使用するタイプとか。

現在、資金調達サイトIndieGoGoにて、制作・販売に必要な資金を集めているが、目標金額である4万ドルを遥かに超えた、30万ドル以上の寄付が既に集まっている。

開発者は太鼓判を押す。Lunaは…

▼自分時間をロマンチックに演出

indiegogo/Luna Moon

 ▼恋人へのプレゼントにも最適

indiegogo/Luna Moon

▼想像力を刺激

indiegogo/Luna Moon

▼月をあなただけのものに

indiegogo/Luna Moon

現在「絶対欲しい!」「今までの照明の中でベストだと思う」「お月さまほしい」との声が続出している。

今年の末から大量生産を開始する予定で、来年春には最初の製品が購入者の元に届くそうだ。興味のある方は同サイトをのぞいてみてはいかがだろう。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking