世界初の「二日酔い専門病院」がオーストラリアで開業し話題に

Text by

  • 1
Shutterstock

Shutterstock

忘年会シーズン真っ只中の昨今、つらい二日酔いに悩まされている人も多いはず。

「ヘタな病気よりよっぽどキツイ」との声も聞かれ、であれば、二日酔い専門の病院があっても良いのでは…というわけで、この度豪・シドニーに、世界初の二日酔い専門のクリニックが開設された。

点滴で二日酔いを改善

その名も「hangover.clinic(二日酔いクリニック)」。治療は主に点滴静脈注射を用いたもので、二日酔いの重症度によって、患者は頭痛薬や吐き気止めが混ざった点滴を30~45分間受ける。

脱水症状が改善する上、吐き気や頭痛も劇的に良くなるとか。併せて、ビタミンBやC、抗酸化物質や酸素を用いた治療も選択できる。

費用は重症度や治療内容によるが、140~200ドル也。

また、二日酔いの他にも時差ボケ解消や、風邪やインフルエンザに効く点滴も用意されている。

飲酒を促進すると危惧する声も…

同クリニックを開業した Max Petro 氏は、「専門の治療を受けることで、二日酔いで貴重な休みがつぶれたり、仕事のパフォーマンスが下がることもなくなるだろう」と太鼓判を押す。

同クリニックについては、複数の海外メディアで取り上げられ、「これでクリスマスにいくら飲んでも平気!」「心強い味方ができた」と期待される一方、「飲酒を促進するのでは」と危ぶむ声もあがっている。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking