大晦日の街の喧騒を写した写真、現代版「ルネッサンス絵画」の傑作と称賛の声が続出

Text by

  • 1
Twitter/Elizabeth

Twitter/Elizabeth

昨年の大晦日、英マンチェスターの街には多くの酔っ払いが溢れていた。その騒然とした様子をとらえた1枚の写真が、奇跡のアートとして注目を集めている。

きっかけとなったのはこちらのツイート▼

「現代のルネッサンスアート」と称している。

また、他にも「美しい絵画のようだ」と絶賛する者があらわれ、写真はたちまち拡散した。

この写真は英国人フォトグラファー、ジョエル・グッドマン氏が撮影したもので、新年を祝おうと街に繰り出した人々が酔って暴れ、警官が出動し騒然とする瞬間をとらえている。

偶然だが、警察官に押さえつけられる男性、その様子を心配そうに見つめる女性、騒がしい周囲をよそに悠然と道路に寝転ぶ男性などが、絶妙なバランスで配置されているのだ。

この点が、くだんの写真がルネッサンス絵画の傑作を彷彿とさせる所以だそう。

登場人物の配置はまさに黄金比▼

もはやこうなると絵画にしか見えない…というわけで、ツイッターでは数々の名画が披露されることになる。

▼こちらは水彩画風

▼牧歌的絵画も登場

▼ムンク風のものまで

▼イギリス絵画の祖ホガースに倣って

「この素晴らしい写真は、ホガースの“ジン横丁”そのものだ」

ついでに道路に横たわるおじさんも大活躍。

▼ルネサンスの巨匠、ミケランジェロの「アダムの創造」に

▼スーラの「アニエールの水浴」にも登場

▼ただ今制作中

期せずしてルネッサンスの傑作と称されることになった写真。撮影者のグッドマン氏は、自身のツイッターにて喜びと戸惑い、驚きの気持ちを吐露している。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking