親友であり、保護者でもある…人間とアヒルの“種”を超えた友情関係が微笑ましい

2016年01月30日 09時00分

2016年01月30日 09時00分

Facebook/Mr. T and Bee:  A Tale of a boy and His Ducks
Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

小さな子どもからは目が離せない。平気で危ないこともするので、ついて回らなければならないことも。

やんちゃ盛りのタイラー君も例外ではない。パパやママはさぞかし苦労しているだろうと思いきや、彼には心強い“保護者”がいた。

それは「ビーカー」、またの名を「ビー」というアヒルである。

ご覧のとおり、ビーはこの日も、ビニールプールで遊ぶタイラー君を見守っている。

もともとは、タイラー君が生後9か月のときにやって来たビー。

当時はビー自身も赤ちゃんだった▼

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

しかし、ビーがタイラー君に対し、保護者然とした眼差しを向けるようになるのに、あまり時間はかからなかった。

タイラー君を見つめるビーの目には、既に保護者としての責任感が漂っているよう。

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

このときから既に、ビーはタイラー君の後をついて回っていたそうだ。

遊びの最中でも▼

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

車の中でも▼

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

トイレはもちろん▼

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

お風呂でも目を光らせる▼

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

食事中も▼

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

特にいたずらに夢中のタイラー君からは目が離せない。

「熱いから触らない!」▼

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

「おいおい気を付けろ!」▼

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

「お片付け!」▼

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

Facebook/Mr. T and Bee: A Tale of a boy and His Ducks

一事が万事こんな具合で、どこへ行くにも2人は一緒だそう。親友兼保護者として、ビーはこれからもタイラー君を見守り続けるだろう。

そんな2人の姿に「言葉の壁を越えた友情」「こんな友情見たことない」「可愛すぎる」「最高の相棒ですね」といった声が寄せられている。

注目の記事