絵画の世界そのもの!実写版「ゴッホの寝室」がAirbnbに登場

Text by

  • 0
Airbnb

Airbnb

フィンセント・ファン・ゴッホの作品の1つである「ファンゴッホの寝室」。

絵画ファン、ゴッホファンならずとも、教科書などで目にしたこともあるであろう有名な作品で、その名のとおり、ゴッホが仏アルルで暮らした部屋を描いたものだ。

こちらが「ファンゴッホの寝室」▼

The Art Institute of Chicago

The Art Institute of Chicago

この度、米シカゴ美術館によるキャンペーンの一環として、このゴッホの寝室を完全再現した部屋が、民泊情報サイトAirbnbに登場、格安で宿泊できるとして、多くの海外メディアで取り上げられるなど注目を集めている。

くだんの部屋は、まるで絵の中に迷い込んでしまったかのよう。

ほら、このとおり▼

Airbnb

Airbnb

Airbnb

Airbnb

Airbnb

Airbnb

この部屋はシカゴにあるアパートの1室で、収容人数は2名まで、バスルーム付きとなっている。

同美術館で現在開催中の、「ファンゴッホの寝室」全3作品同時公開を記念したキャンペーンで、宿泊料金も破格の1泊10ドル(約1100円)也。

小物も細部にわたるまで見事に再現され、まさに実写版ゴッホの寝室である。

Airbnb

Airbnb

Airbnb

Airbnb

Airbnb

Airbnb

一体どこまでが絵画の世界で、どこからが現実の部屋なのかわからなくなるくらい完成度が高い。

これほどどっぷりと絵画の世界に浸れるチャンスは、そうあるものではないだろう。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking