「テロに負けない」ブリュッセルの大通り、平和を願う市民からのメッセージで覆われる

Text by

  • 0
Instagram/niko_peris

Instagram/niko_peris

現地時間22日の朝、ベルギー・ブリュッセルで起きた連続爆弾テロ。国際空港と地下鉄の駅で相次いで爆発が起き、多数の死者、負傷者が出る大惨事となった。

そんな中、最高レベルの厳戒態勢が続くブリュッセルの街の一部で、ある異変が起きているという。

普段は何の変哲もないただの道路が、市民が書き込んだ平和を願うメッセージで埋め尽くされているのだ。

Niko_perisさん(@niko_peris)が投稿した写真

これらはすべて、人々が思い思いにチョークで書いた平和へのメッセージ。

世界的にも有名な観光名所、グランプラス(ブリュッセル中心地にある大広場)近くの道路に書かれたものだという。

Billieさん(@billiedancer03)が投稿した写真

Liamさん(@liamkets)が投稿した写真

@david_brusselsが投稿した写真

Ben NeZbitさん(@bennezbit)が投稿した写真

「ブリュッセルは永遠なり」「テロなんてクソくらえ」といった言葉も。

また、ツイッターでもこの様子を伝える投稿が相次いでいる。

中には「イスラム教徒はテロリストではない」といったメッセージもある。

多くのメディアがテロの惨劇について伝える中、くだんのエピソードが報じられると、束の間人々の傷付いた心のなぐさめに。

それぞれの投稿には、「たとえ何があっても、ブリュッセルが私の愛する街であることに変わりはない」「力強いメッセージに勇気付けられます」「ブリュッセルのために平和と愛を祈ります」といったコメントが寄せられている。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking