シェア

こんなのなかった!オーストラリア発の「青いカフェラテ」が大注目

matcha_mylkbar/Instagram

matcha_mylkbar/Instagram

先日青いワインが大いに話題になったが、こちらは青いコーヒー。

「スマーフラテ」という名のカフェラテだ。

鮮やかな青いカフェラテ

スマーフとはベルギーの漫画家ピエール・キュリフォールが描く架空の種族である。

どこかで見たことがあるのではないか▼

flickr_Spin Spin

flickr_Spin Spin

このスマーフに負けず劣らず青いコーヒーがこちら▼

豪メルボルンにある「Matcha Mylkbar」というカフェのメニューである。

藻類の色素を使用

とてもカフェラテには見えないが、鮮やかなブルーの正体は藍藻類由来の色素パウダー。

人工の着色料ではなく、藻類から採取した天然の色素だという。

これにレモンと生姜リュウゼツラン、ココナッツミルクが入っているとか。

見た目から甘いラテを想像する人が多いそうだが、同カフェのオーナーによると、「甘さに加えレモンの酸っぱさも効いていて、説明しにくい味」だそうで、「思っていたのと違う」といった感想が多いという。

最近ではインスタグラムへの投稿目的でオーダーする客が増えた他、複数の海外メディアで報じられたこともあり、同カフェは大盛況。

実際に口にした人からの感想も

「実際に飲んでみた」という人からは次のようなコメントが届いている。

「新たなお気に入りメニューを発見。とっても美味しかった!」

「意外にもこれ、大好きな味!」

「長いこと待ってやっと味わえたスマーフラテ。ココナッツに生姜が少々効いてて美味しかった」

Posted: |Updated:

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking