シェア

いつも一緒だよ…深い絆で結ばれた里子の男の子とワンコがキュートすぎる

reagandoodle/Instagram

reagandoodle/Instagram

見る者の心を鷲づかみにする、何とも愛らしいコンビをご紹介しよう。

3歳になる里子の「バディー」と、ラブラドゥードルの「レーガン」である。

バディーの育てのおばあちゃんにあたる、サンディ・スウィリドフさんが、Mail Onlineに語ったところによると、レーガンは生後8週間の時にやって来たという。

米オレゴン州ポートランドに住むサンディーさんの娘が、最初に預かっていた里子を手放さざるを得なくなり、彼女を慰めるためレーガンを飼い始めたとか。

その後、生後11か月のバディーが家族に加わり、およそ2年の歳月が流れた。

バディーとレーガンはこの家で出会って以来、時に親友として、また時に兄弟のように過ごしてきた。

その様子がインスタグラムで度々紹介されているので、一部ご紹介しよう。

バディーを甲斐甲斐しくお世話するレーガンの姿、そして2人の仲睦まじい写真には、それぞれ数千件の「いいね」が付き、フォロワー数も13万人以上を誇る人気のアカウントである。

この度、インスタグラムで紹介されたことのない秘蔵の写真と、バディーとレーガンの真実の物語をおさめた本がEtsyにて発売されることになった。売り上げは里親家族のための団体に寄付される。

愛らしい2人に魅了された方は、こちらのもご覧になってみてはいかがだろう。

Posted: |Updated:

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking