今さら聞けない「脱法ハーブ」について知っておくべきこと

123RF

123RF

最近何かと話題の「脱法ハーブ」。名称についていろいろと議論もされている通り、「脱法」といいながら明らかな「違法」薬物です。

乾燥植物に、覚醒剤や大麻の成分に化学構造を似せて作られた物質などを混ぜ込んで造ったものであるため、大麻などの規制薬物よりも毒性が高い場合もあります。店舗やインターネットなどで販売され、簡単に購入が可能ですが、商品によって物質の含有量が異なるため、身体に及ぼす影響がまちまちで大変危険です。

「脱法ハーブ」に関する刑罰

これまでは、「幻覚等の作用を有し、使用した場合に健康被害が発生するおそれのある物質で、薬事法に基づき厚生労働大臣が指定した指定薬物」が「脱法ハーブ」に含まれていた場合、製造や販売などをした者だけが薬事法により規制され、販売目的ではない単純所持・使用についての禁止事項・制限等はありませんでした。

しかし、今年4月1日から改正された薬事法では、「脱法ハーブ」を所持、使用、購入、譲り受けなどをする行為も禁止されるようになり、違反した場合には、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、または両方の刑罰を課されることになりました。

では、ここ数日で立て続けに発生している「脱法ハーブ」の影響による自動車事故の場合はどうでしょうか?今年5月に「自動車運転死傷行為処罰法」が施行され、「脱法ハーブ」の影響下で交通事故を起こした場合に、これまでよりも厳しい刑罰が課せられることになりました。「脱法ハーブ」を使用したことにより、正常な運転が困難な状態になっていることを認識していながら自動車を運転し、交通事故を起こして人を死亡させた場合、危険運転致死罪と同様に1年以上20年以下の懲役となります。

ときには「合法ハーブ」「お香」などとして売られる「脱法ハーブ」。関わって良いことなどひとつもないので、肝に銘じておきましょう。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking