「本校はTwitter禁止です」とTwitterで警告した校長が話題に

Text by

  • 26
@shodai_koko/Twitter

@shodai_koko/Twitter

15日、横浜商科大学高等学校の校長がTwitterで生徒らに向けて発信したツイートが話題となっています。

Twitterが校則で禁止ということに関する是非はさておき、「Twitterは禁止です」とTwitterを通じて警告していることに、ネット上ではツッコミが殺到。

「Twitter禁止なんだから、誰も見られないんじゃない?」「校長もTwitterしちゃダメでしょ」「校長がツイートする矛盾…」など、厳しい意見が相次いでいます。

中には応援コメントも

「商大生の10%が~」「私は悲しいです、怒りました」「これからは皆さんをどんどんフォローして」などと、短い文章の中にいくつものパンチラインを繰り出した校長のツイート。

中には、「応援してます」「頑張ってください」など、校長を擁護しながら応援するコメントも見られています。

なぜTwitterだったのか…

校則ということであれば、生徒や保護者は従うのが基本ですが、そもそもなぜTwitterを通じて警告文を発信したのでしょうか?

校内の掲示板や配布物、学校の公式ホームページなどで掲載すべき内容に思えて仕方がありません…。

「SNSを禁止するのではなく、正しい使い方を教えるべき」という意見も見られましたが、まずは校長をはじめとする教師側も「正しい使い方」を学ぶ必要があるかもしれませんね。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking