宮根誠司、番組スタッフ恫喝騒動の真相を語る「親孝行のため」

『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)番組公式サイト

『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)番組公式サイト

『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)、『Mr.サンデー』(フジテレビ系)のメインMCとして活躍するフリーアナウンサーの宮根誠司さん。

9月、『情報ライブ ミヤネ屋』の生放送中に、宮根さんが番組スタッフのカンペを取り上げ、カンペの内容についてそのスタッフを問い詰める珍事が起こって話題となりました。

11月15日、『宮根誠司&ウエンツのベストヒットな一年だ2014総決算SP!』(読売テレビ系)に出演した宮根さんが、その恫喝騒動についての真相を明かしました。

スタッフと打ち合わせ済みだった?

番組の内容は、11月20日(木)19時放送のベストヒット歌謡祭2014本番を前に、宮根さんとウエンツさんが、出演アーティストに生電話をし、さらに、浅田真央選手、羽生結弦選手のフィギュアスケートフィーバー、アナ雪ブーム、野々村元議員の号泣会見、小保方晴子さんのSTAP細胞騒動など、2014年の出来事を振り返るというもの。

その中で、例のスタッフとの騒動について話が触れると、実際に叱りつけられたスタッフ本人も番組に登場。さらに、宮根さんからは、思わぬ真相が明かされました。

「このスタッフは東京の出身で、高齢の母親に元気な姿を見せたいと言うんですよ。だから確信犯的に、前に前に出てこようとするんですよ」と、宮根さんは、スタッフがテレビ画面に映るためのサポートをしていたことを説明。

番組スタッフも、「その日の放送前は、母親に、”久々にテレビに出るよ”って電話で連絡していました」と、悪びれる様子もなく告白しました。

視聴者からは怒りの声も

宮根さんが暴言についてスタッフ本人へ謝罪、さらにカメラを通じて視聴者へ騒動のお詫びコメントを述べると、呆れたウエンツさんからは「あなたもとりあえず謝ってもらっていいですか?」と、番組スタッフへ謝罪を要求。。

いわば打ち合わせ済みのコントを見せられていたことが明らかとなり、視聴者からは「公共の電波を私物化するな」という非難の声も上がっています。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking