ホーキング博士「人工知能が知力で人類を上回る」可能性を警告

123RF

123RF

宇宙物理学者のスティーヴン・ホーキング博士が、人工知能(AI)が「知力で人類を凌駕する可能性がある」と警告したことを英フィナンシャル・タイムズ紙が伝えています。

ホーキング博士とは

理論物理学者の立場から宇宙の起源の解明に挑み、現代宇宙論に多大な影響を与えたスティーヴン・ホーキング博士。

ニュートンやアインシュタインと並ぶ天才と称される彼は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)のハンデを負いながら最先端の研究を精力的に行い、講演活動や執筆活動へ意欲的に取り組む”車椅子の天才科学者”として知られています。

AIが人類を凌駕する未来

ホーキング博士は、いずれはAIが人工的な力を必要とせず、将来的にはそれ自身で問題を解決できるようになると説明し、人類にとって「真のリスクとなる」可能性を指摘。

つまり、コンピューターの処理速度と記憶容量は日に日に進化を遂げており、自律的に知能を上げ、自らを管理する存在となる日が来てもおかしくはないということです。

科学技術による大惨事は避けられないものと述べ、これを回避するには人類が地球以外の惑星にコロニーを建設するしかないとまで訴えました。

数十年後か数千年後かは分かりませんが、SF映画のような世界が実際に我々の未来に待っているのかもしれません。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking