キンコン西野考案の五輪エンブレムが「日本らしい」と大好評

Text by

  • 223
@nishinoakihiro/Twitter

@nishinoakihiro/Twitter

佐野研二郎氏がデサインした五輪エンブレムの使用中止が決定し、マスメディアでも連日その関連報道が取り上げられている中、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が公開したデザイン案がTwitterで話題を呼んでいる。

和柄モチーフ

西野は3日、「東京五輪のエンブレムって、昔から日本に伝わる和柄で良くね? 和柄だと誰のパクリでもないし」とツイート。

自身が手書きした和柄モチーフのデザインを公開し、「誰かキチンとパソコンで描き直して、五輪の色に花を塗っといてー」とファンに呼びかけた。

すると数時間後、ファンのひとりが西野のスケッチをもとに色とカタチを整えたエンブレムのデザインを完成。西野も、「むっちゃイイじゃん! これがいいなー!」と自画自賛した。

ファンも絶賛

五輪マーク部分が菊の花柄になった日本らしいデザインに、ファンからは「すごく素敵です!」「これがいいです!」「西野さんこれ出しましょうよ!」と絶賛コメントが殺到。

先日の大会組織委員会の会見にて、「(佐野氏のデザインは)一般国民には理解出来ない」「誹謗中傷が多いから撤回した」という発言が波紋を呼んでいるが、まさに一般国民に分かりやすいデザインと言えるだろう。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking