オフィス太りを防ぐ5つの習慣

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

1日中デスクの前で座りっ放し。オフィスにはお菓子が常備されていて、気付けばいつも何かしら食べている自分……。デスクワーカーにはダイエットなど無理な話なのだろうか。そんなことはない。大切なのは自覚を持って、健康的な習慣を能動的に取り入れていくことだ。アメリカの女性向け情報サイト「Women’s Health」で紹介されたオフィス太りを防ぐ5つの習慣をご紹介しよう。

1. ランチには大盛りのサラダを食べよう

ランチには手作りサラダを持って来ること。毎日いろいろな種類の野菜を使い、大豆製品やチーズ、鶏肉などの低脂肪・高タンパクの食材と混ぜ合わせれば、飽きないしお財布にも優しい。

2.  昼休みには汗をかこう

Facebookを眺めているぐらいなら、散歩やヨガをしよう。サボらずに毎日続けることで、効果は確実に現れてくる。「1日中座りっ放し」は絶対にダメ!

3.  歯を磨いて余計な食欲を駆逐しよう

ランチや3時のおやつの後には、歯を磨くように。虫歯を防ぐだけではなく、「もう食事は済んだ」ということを自覚させられるからだ。同僚がジャンクなお菓子を食べるのを見ると、自分も欲しくなってつい……、なんてことが無くなる。

4.  冷蔵庫には健康的な軽食を用意しておこう

周囲の食べるケーキにつられないように、オフィスの冷蔵庫やデスクの引き出しに健康的な軽食を準備しておこう。ヨーグルトや果物、クラッカー等がオススメだ。

5.  ちびちびと水を飲もう

最後は飲み物。高カロリーな清涼飲料水なんかに頼らず、飲むなら、水! 1日を通してちびちびと飲んでいれば、カロリーは0なのに、お腹が膨れた気分になる。

いかかだろうか。閉鎖的な空間に長時間座っていると、どうしても甘い誘惑に負けそうになる。3~5のように、そんな自分とだましだまし付き合っていく術を身に付けたいものだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking