物に歴史あり。産業技術史資料情報センターで技術立国日本を振り返る

Text by

  • 0
Flickr/J E Theriot

Flickr/J E Theriot

物の歴史や発展を振り返り未来に役立てる。そんな観点から資料を保存しているのが、産業技術史資料情報センターだ。

ここを見れば技術立国と呼ばれた日本の歴史が分かる。サイト右にある「産業技術史資料データベース」から、いろんな物の歴史を振り返ってみよう。

新たな興味も湧いてくる豊富な資料

データベースは技術分野ごとのジャンルに分けられている。この中から自分の興味あるものを選ぼう。

産業技術史資料情報センター

ちなみにどんな物があるか。

デジタル・スチルカメラ技術ジャンルには、初期の試作機や歴史上の転換点に位置づけられそうな物が収められている。

産業技術史資料情報センター

記録メディア技術は磁気テープの時代から収集されている。

産業技術史資料情報センター

最近ではWordやExcelの保存アイコンを見て、「これって何を表してるんでしょうね」と言う世代も居るとか居ないとか。そんなときはここが説明に役立ちそうだ。

本当に沢山の資料が収められ、見ているだけで勉強になる。興味ある分野もなかった分野も、もっと深く知りたくなってくる。

残念ながら夏休みは終わってしまったが、次回もし学校の課題で調べ物を出されたら、ここを参考にテーマ決めても面白そうだ。

産業技術史資料情報センター

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking