「うどんをすする音と母の胎内音は似ている」香川のPRが予想以上に予想通りだった

Text by

  • 6
YouTube/イクケン香川

YouTube/イクケン香川

香川県は人口減少に歯止めをかけ、長期的には出生率の向上により人口増を目指そうと、これまで様々な子育て支援を行ってきた。

それらをアピールするため「イクケン香川」をキャッチフレーズに、子育て県かがわ特設サイトを開設している。

サイト内ではPR動画として「うどん県」副知事で俳優の要潤が出演する、特別動画も公開されているのだが、その内容が予想以上に予想通り。

うどんをすする音は母の胎内と同じ

香川といえば、うどんの消費量が全国トップ、うどんといえば香川というくらい全国に知られた存在だ。3食+おやつもうどんのイメージがある。

これまでもそのイメージを生かしたPRは行ってきたが、なんと今回は「うどんをすする音と母の胎内で聞く音は似ている」という方向から攻めてきた。

うどんをすする音で泣き止む赤ちゃん

YouTube/イクケン香川

京都大学大学院医学研究科特定教授・呉東進氏は「うどんをすする音は、胎内で聞いていた音に似ているところがあるので、それを聞くことで赤ちゃんが穏やかになることは実際に知られています」と話す。

YouTube/イクケン香川

動画では泣いている赤ちゃんが登場し、その前で要潤が黙々とうどんをすすり続ける様子が映される。

YouTube/イクケン香川

ひたすらうどんをすすり続ける要潤。

YouTube/イクケン香川

そして泣き止む赤ちゃん。

うどんをすする音で泣き止んだのか、無言でうどんをすすり続ける男に興味を惹かれたのかは分からないが、確かにうどんをすすることで赤ちゃんは泣き止んだ。

もちろんイクケン香川のサイトを見ると、「子どもを自然豊かな場所で育てたいが、田舎暮らしは不安」といった親に向けた、香川は人口密度が高くインフラも整備されており、コンパクトな生活が実現できるという”真面目な”解説もある。

日本一、子育てしやすい県をめざして。イクケン香川

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking