家電メーカーのシャープ、新商品に茶葉をラインアップ

2015年11月13日 20時00分

2015年11月13日 20時04分

pixabay
pixabay

家電メーカーのシャープが11月11日、茶葉『ヘルシオお茶プレッソで飲む抹茶』の発売を発表した。発売日は11月18日、価格は6000円(税別)となっている。

公式も「なに言ってるかわからないと思いますが」

シャープはプレスリリースを発表したほか、公式Twitterアカウントでも茶葉発売の話題を連投した。

家電メーカーが茶葉を発売した理由

なぜ家電メーカーが茶葉の発売を始めたのか。それは商品名にも表れているとおり、同社の商品『ヘルシオお茶プレッソ』で飲んでもらうことを想定して。

ヘルシオお茶プレッソは茶道の「挽く・沸かす・点てる」を一台に凝縮し、茶葉の栄養成分をまるごと含む本格的なお茶が手軽に作れるお茶メーカー。

必要な分だけ茶葉が挽ける特性を生かし、いつでも挽き立てを楽しめるよう専用の茶葉まで商品化してしまった。

目の付け所がシャープ過ぎて、目指してる未来が違う

今回の発表に「さすが目の付け所がシャープだ」といった反応が寄せられている。

今でもシャープが一風変わった商品を発表した際、よく引用される『目の付けどころが、シャープでしょ。』は、同社が1990年から採用してきたスローガン。

有名なスローガンだが、実は2010年からは新しいものに変更されている。新たなスローガンは『目指してる、未来がちがう。』だ。

今回の発表も他社とは目指してるところが違う同社の性格を表しているようだ。あるいは目の付けどころがシャープ過ぎて、未来を見失ってたりして…。

注目の記事