シェア

なんで刺したのよ!山梨でイナゴを刺したソフトクリームが新発売www

イナゴ入りソフトクリーム

イナゴ入りソフトクリーム

この国には日本列島ソフトクリームの旅が企画できそうなくらい、多種多様なご当地ソフトクリームが存在する。

山梨県北杜(ほくと)市では7月6日、ついに「イナゴ入りソフトクリーム」が誕生した。

山梨県北杜市の位置

山梨県北杜市の位置

昆虫の研究・保護を行う同市オオムラサキセンターが開発。

文字通り、バニラアイスにバッタの一種であるイナゴの佃煮5匹を添えたソフトクリームである。

開発者でセンター職員の小粥隆弘(おがい・たかひろ)さん(28)=静岡県出身=に狙いを尋ねた。

なぜソフトクリームにイナゴなのか

北杜市オオムラサキセンターは、日本の国蝶であるオオムラサキを中心に同地の昆虫の研究や保護を行っている。

広大な敷地内には、イナゴに限らず多くの昆虫が棲息している。

イナゴ入りソフトの先行例は、長野県諏訪市の「バッタソフト」だ。

こちらはイナゴの甘露煮を使っており、諏訪湖観光汽船が2012年ごろから販売している。

小粥さんによると、山梨にも長野と同じく山間部の重要な栄養源として昆虫食の文化があるという。

イナゴ 出典元:いらすとや

イナゴのイメージ画像 出典元:いらすとや

以前から昆虫食に関心があった小粥さんは、さっそく参考にして試作。

職員5人で味見してみると、「一応、5人の中ではおいしい味という結論になった」(小粥さん)。

もともと館内の売店でソフトクリームを扱っていたこともあり、あっさり製品化が決まったという。

どういう向きで乗せるか、また取っつきやすくインパクトもある匹数を考えて2日間ほど試行錯誤し、完成した。

好評を得ているイナゴ入りソフトクリーム

好評を得ているイナゴ入りソフトクリーム

頂上部にイナゴ1匹を贅沢に頭から突き刺し、その頂点を目指すようにクリームのうねりにしがみつく4匹のイナゴの勇姿はちょっと芸術的だ。

現在は市販の佃煮を使うが、敷地内のイナゴの個体数が増える秋ごろには、自前で供給したいと意欲を燃やしている。

おいしいと好評も「イナゴ抜き」の注文も

小粥さんによると、興味津々で口に運ぶのは意外にも女性が多いそうだ。

男性のほうが試食を拒否する傾向にあり、同伴者に勧められても「イナゴ抜きで」と注文する人も少なくないという。

小粥さんは「そもそも食べるつもりで買った方の感想」と前置きしたうえで、「外側はパリパリして中身は柔らかい。甘じょっぱい佃煮と甘いクリームのいい感じのコントラストで、おおむねおいしいと評判です!」と声を弾ませた。

ソフトクリームのイメージ画像 出典元:いらすとや

ソフトクリームのイメージ画像 出典元:いらすとや

次回はガの幼虫を検討中

「昆虫食の文化に関心を持ってほしい」と語る小粥さん。

第2弾として、現在はガの幼虫である「モンクロシャチホコ」(通称:サクラケムシ)のソフトクリームを検討している。

桜の木に寄生する害虫だが、小粥さんによると、愛好者の間では油で炒めると「桜の香りがしておいしい」と評判だそうだ。

サクラケムシは体長3~4cmほどでうねうねした黒い体に、白いひげのような体毛が生える。

あえて写真は載せないが、虫が苦手ならば画像検索はしないほうが賢明だろう。

毛虫のイメージ 出典元:いらすとや

毛虫のイメージ画像 出典元:いらすとや

北海道のシシャモソフトや、神奈川のもんじゃ焼ソフトなど、もはや客の想像を易々と越えてゆくアイスが毎年のように生まれている。

せっかくFacebookやInstagramがある時代。チャレンジをSNSに投稿してみるのも、旅の一興ではないか。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking