シェア

香川のうどん愛がすごい!うどんと撮るプリ機が登場

うどんプリの撮影例 提供:まるゲ

うどんプリの撮影例 提供:まるゲ

謳い文句は「うどんと一緒に撮れるプリ機!」。

香川県のゆるキャラや讃岐うどんを背景に撮影できるユニークなプリントシール機「うどんプリ」が12月28日、高松市の高松南新町商店街にあるゲームセンター「まるゲ」に設置された。

まるゲ提供

うどんプリの撮影例 画像提供:まるゲ

全国の観光地に置かれる、いわゆる“ご当地プリ”。

開発したプリントシール機大手・辰巳電子工業(本社・奈良県橿原市)にご当地プリ事情について尋ねた。

ご当地プリは全国164台

ご当地プリは主に観光地の施設に置かれ、現地ならではの背景やフレームを使用できる。

同社では2016年12月現在、うどんプリを含め全国で164台を設置。

東京駅や東京スカイツリー最寄りの押上駅、大阪市のあべのハルカスなど主要な観光名所も少なくないそうだ。

うどんプリ機

うどんプリ機 出典元:辰巳電子工業プレスリリース

あえてメーク機能を外す

しかし、ご当地プリについて、メーンターゲットと思われる若い女性からは「画質が悪い」「盛れない(きれいに加工できない)から使わない」といった声が聞こえる。

実は、操作を簡単にするため、目の誇張やチークといったメーク機能は意図的に付けていないそうだ。

観光中のお子さんや男性の利用も想定しており、照明機能以外はあえて外しています。

画質はゲームセンターの一般的なプリントシール機に比べると確かに劣りますが、一昔前より色味や解像度などはだいぶ向上しています。

(辰巳電子工業の担当者)

国際線も就航する高松空港 出典元:うどん県旅ネット

国際線が就航する高松空港 出典元:うどん県旅ネット

外国人観光客の記念に

ご当地プリは、近年は海外の観光客から人気を得ている。

同社によると、あべのハルカスではご当地プリ機利用者の約3分の1が外国人。

今回のうどんプリも、高松市の外国人客が増えたことから半年ほど前にアイデアが持ち上がった。

ゲームセンターの方から『観光客の利用が多いので何か記念になる物を置きたい』という要望がありました。

トントン拍子に話が進んで、9月に実際の開発作業に入りスムーズに完成しました。

同社のプリ機が以前から日本語のほか4言語(英語、ハングル、繁体字、簡体字)の表示機能を付けていた点が決め手だったという。

高松南新町商店街とつなががる丸亀町商店街 出典元:香川旅ネット

高松南新町商店街とつなががる丸亀町商店街 出典元:うどん県旅ネット

かつては撮影した画像を友達とシールで交換したが、すでにデータのみで受け取りSNSで共有する時代。

次の旅先では“フォトジェニック”な美しい写真とともに、ノリの違った写真を投稿してみるのも楽しいだろう。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking