シェア

【おむすびの日】おにぎり協会選「冷めても旨い米」1位はつや姫!どこで食べられる?

イメージ画像 出典元:Fotolia

イメージ画像 出典元:Fotolia

1月17日は「おむすびの日」です。

日頃はスーパーやコンビニのものを食べる人も多いでしょう。

実は「固めて」「冷めた」状態で食べる場面が多いおにぎりは、普段の茶碗飯と異なった性質が求められるといいます。

一般社団法人おにぎり協会(東京都港区、中村祐介代表)に、「おにぎり向きのおいしいお米」について伺いました。

出典元:おにぎり協会プレスリリース

出典元:おにぎり協会プレスリリース

最もおにぎり向きは「つや姫」

おにぎり協会は1月5日、有識者3人による「第1回食味会」を行いました。

デビューから10年以内の品種から9銘柄を選定し、「食感」や「冷めても旨い」など8項目計120満点で評価。

おにぎり協会の評価基準

おにぎり協会の評価基準 出典元:プレスリリース

結果、山形県産「つや姫」が1位に輝き、岩手県産の「銀河のしずく」、北海道産の「ゆめぴりか」が入賞しました。

つや姫は「甘みが広がり、張りがあって粒の中身の味が分かる」「米飯としては非常に食べ応えがある」といった点が評価されたそうです。

さて、この美味しいお米を使ったおにぎりはどこで食べられるしょうか。

出典元:山形県観光情報ポータル

出典元:山形県観光情報ポータル

サークルKサンクスで販売中も…

まず、最も身近であろうコンビニおにぎりでは唯一、サークルKサンクスが商品を展開しています。

公式サイトによると、炙り焼紅鮭ハラス、北海道産炙り焼たらこ、北海道産いくらの3味が出ています。

ただし、北海道、関東、信越、九州地方では取り扱っていません。うーん、残念!

他のコンビニやスーパー情報も探しています。しかし、「コシヒカリ」を一部公開しているチェーンがはありますが、確認できておりません。(おにぎり協会)

同協会によると、コンビニ各社は高価格帯のおにぎりを除き、レギュラー品については原則、米の使用銘柄を公表していないそうです。

飲食店は食べられる店も

おにぎり協会でも現在、都内で「つや姫おにぎり」が食べられる飲食店をいくつか確認しています。

そのうち、都内に3店舗ある「おひつ膳田んぼ」は月ごとに食べられる期間があるそうです。

山形つや姫ブランド化戦略推進本部は、公式サイトでつや姫を扱う飲食店などの一覧を紹介。都内では「おひつ膳―」を含む35店を記載しています。

岩手県産の「銀河のしずく」は2016年秋に本格的な出荷が始まったこともあり、該当店は見つからなかったそうです。

「つや姫おにぎり」握るコツは?

食べられる機会が少ないとなると、ぜひ家庭でつくりたいもの。

つや姫を握る時のコツは何でしょうか。

他品種と比べ、つや姫最大の特長は「粒感」なので、粒がつぶれないよう力を込めずにやさしく包みこむように握ることが大切。口の中でほどけるような食感を楽しんでください。

具材は梅や鮭、もしくは塩にぎりなど、シンプルなものがおススメです。(おにぎり協会)

出典元:おにぎち協会プレスリリース

出典元:おにぎり協会プレスリリース

「おむすびの日」は、1995年の阪神淡路大震災で大量のおにぎり(おむすび)が炊き出されたことをきっかけに、日頃の飽食と日本のお米の大切を見直す機会として制定されました。

普段は、パンやめん類などの手軽な料理やおかずの充実ばかりに気を取られがち。

たまには、シンプルだけど奥深いおにぎりを味わってみるのもいいかもしれません。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking