ボールペンで書くだけで電気回路が作れる「Circuit Scribe」 伝導性インクで可能に

Text by

  • 26
Circuit Scribe

Circuit Scribe

子どもの頃、理科の実験で初めて豆電球に触れたとき、ワクワクした記憶はないだろうか。電池を配置してワイヤーを結びつけ、電気回路を構成して、スイッチをオンしたときに電球がつく面白さは、ちょっとした発見と感動だったろう。ただ、電気回路をつくるには、専用のワイヤーや部品が必要になり、少し手間がかかるもの。しかし「Circuit Scribe」があれば、とても簡単に電気回路を作成できるようになりそうだ。

これはボールペン型のツールで、中には特殊な銀色の伝導性インクが入っている。ユーザーは普通にペンで文字や絵をかくときと同じように、非常になめらかなタッチで紙の上にインクで書き付けていく。手書きで書いたインクのラインをつなぎ、コイン型バッテリーとLEDライトを配置すれば、電気回路は出来上がり。

このインクはスムーズな書き心地を実現しており、すぐ乾くのでにじむ心配も少ない。ワイヤーやコード、特殊なボードも不要で、たったこれだけのアイテムと手間だけで、誰でも簡単に素早く、電気回路を構成できてしまうのだ。電気回路の中にブザーと赤いランプを配置するだけというシンプルな構造のものから、カメラセンサーや電位差計を作動させるような、より複雑なものまで思いのまま。

もともと「Circuit Scribe」は、University of Illinoisの研究チームから派生した会社。開発側は、いろいろな対象物にタッチパッド機能をもたせる「MaKey MaKey」というツールと組み合わせることで、さらに複雑な動作などをさせることが可能だとしている。電気回路に初めて触れる子どもから、趣味を楽しみたい大人まで、電気回路を気軽に作成できるようになる「Circuit Scribe」。現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催中だ。Circuit Scribe

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking