食物アレルギーの情報サイトが開設!子連れの外食ももう迷わない!?

Text by

  • 5
食物アレルギーに関する情報サイト

ファミリーテーブル

もはや現代病とでも言うべき食物アレルギー。厚生労働省の発表によると、食物アレルギーのある小中高生の数は45万人にも上り、10年前の調査から実に12万人も増えている。

そんな子どもを持つ親にとって、外出先での食事は特に気を使うところ。アレルゲンとなる食材を知らずに食べて、アナフィラキシーショックでも起こそうものなら一大事である。

そんな一大事を未然に防ぐための、食物アレルギーに関する情報サイト「ファミリーテーブル」が4月末に開設されたのでご紹介しておこう。

アレルギー対応メニューの有無が検索可能

アレルギー対応メニューの有無で店舗検索

ファミリーテーブル

純粋なアレルギーに関する情報はもちろんのこと、アレルギー対応メニューの有無による店舗検索ができたり、客がアレルギー体質を店側に知らせる携帯型の「アレルギーカード」を印刷できたりといった機能が便利。

国内外のレストランについて、都道府県や店のジャンルだけでなく、「アレルギー情報を表記したメニュー表があるか」「原材料表記がなされているか」といったフィルターをかけての検索が可能で、もちろん住所や営業時間、休日、メニュー内容なども網羅している。

口コミを参考にアレルギー対応の店選びを

ユーザーによる食物アレルギーに関する口コミ情報

ファミリーテーブル

もうひとつ、大きなウリが口コミの存在。ユーザーがレストランでの体験談などを投稿することができ、生の声から利用したい店舗を選ぶこともできる。サイト開設から間もないため現状で口コミ情報が多いとは言い難いが、サイトの認知度とともに充実していくものと思われる。

私事で恐縮だが、私は大人になってから牛乳アレルギーになった。普段から牛乳そのものは避けているのだが、先日、とある飲食店でポテトサラダを食べたところ気分が悪くなった。後日、店主に聞くと「うちのポテサラは牛乳でじゃがいもを伸ばしてるからな!なめらかで美味いだろ!」とドヤ顔で言われたのだが…いやいや、そんなん知らんやん!てなもんである。

幸い大事には至らなかったものの、今になって「このサイトを知っていたら!」と悔やんでいるところだ。私の轍を踏まないためにも、食物アレルギーを持つ親は(もちろん本人も)、この「ファミリーテーブル」を有効に活用してもらいたいものである。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking