たった1秒で精算完了!パン屋のレジで起きている革命を、キミは知っているか?

Text by

  • 2
カメラでパンを認識して生産する世界初のレジシステム

株式会社ブレイン

トレイに乗せたパンをレジのシステムに搭載したカメラが認識し、たったの1秒で商品名、価格、合計金額を計算してくれる。そんな革命的な事象が起きているのをご存知だろうか。

「ベーカリースキャン」と名付けられたこのシステムは、兵庫県のシステム開発会社・(株)ブレインの製品で、もちろん世界初の発明品。なんでも、同じ形をしたサンドウィッチでも、具材の違いを読み取って合計金額を導いてくれるのだとか!

詳細は、以下の映像をご覧あれ。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=o4LJ6eEEjI8[/youtube]
diginfonewsjapan

パンの自動認識&計算で作業効率アップ

焼きたてのパンにはバーコードなど付けられないのは当然。袋に包もうものなら熱がこもって美味しさがそこなわれてしまうから、パッケージングも不可能だ。

だからこそ、焼きたてのままをトレイに乗せたスタイルで販売されているのだが、すると手間になるのがレジでの精算。従来であれば、スタッフはすべての商品の形や金額を覚え、それを手打ちでレジに打ち込まなければならなかった。聞く話では、それができずに辞めてしまうスタッフも少なくなかったそうだ。

しかし、この「ベーカリースキャン」を使えば、スタッフは商品や値段を覚えておく必要がなく、作業効率は大幅にアップする。そうしてレジにかける人件費を削減できる他、そのぶんを接客や製造に回すことができるようになるのだ。

パン屋のレジでの行列解消へ

もちろん客としても、計算ミスがなくなる他に、計算の時間短縮による行列がなくなるなど、大きなメリットにつながっている。

パン屋での行列解消へ―。現在は、「ドンク」など大手ベーカリーショップが導入しているくらいだが、今後の展開にも期待したい。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking