スメハラにご注意!約2割がニオイでパートナーと別れた経験アリ

Text by

  • 0
shutterstock

shutterstock

体臭や口臭、汗のニオイに加齢臭――。昨今、オフィスの新たなハラスメントとして話題になっている「スメハラ」。

ニオイが原因で周囲に不快感を与えることを示すが、このスメハラが職場だけでなく恋人や夫婦間にも影響を及ぼしているという実態が、2014年4月8日発表のセーレンの調査から分かった。

約8割が職場の異性のニオイに不満

同調査によると、職場の異性のニオイに不満を持っているのは全体の77.6%にも上る。特に女性は各世代とも8割以上になるなど、男性よりも不満を感じている割合が高い。

一方、スメハラ加害者も全く対策を取っていないわけではなく、ニオイケア用品などでニオイ対策を行う人も増えている。ただし、それが必ずしも成功しているとは言えないようで、同調査によると68%が職場の異性のニオイ対策に不満を持ち、うち44.2%が対策不足、23.8%が内容に不満を感じていることが分かった。

嫌なニオイ対策1位はフレグランス!

中でも断トツで敬遠されているのが「フレグランス」(62.6%)。よかれと思って付けた香水が実は新たなスメハラを招いているという、残念な結果になっているようだ。

反対に最も低かったのは「消臭効果のある下着の着用」(4.0%)で、周りに気付かれず自然な消臭が望まれていると言える。

ニオイが原因でパートナーと別れた人も

また恋人や結婚相手のニオイについては、66.5%が「ニオイが気になる」とし、35.2%が「体臭や汗のニオイに悩まされた経験がある」と回答している。

さらに、ニオイが原因で恋人や結婚相手と別れたことがあるという人は19%で、約5人に1人がスメハラで別れた経験を持つことが分かった。年代では男女ともに20~30代が多く、スメハラが恋愛に大きな影響を及ぼしていることが浮き彫りになっている。

異性に求めるニオイは「無臭」!

パートナーとの別れの一因にもなり得るニオイ。どうすれば相手を不快にさせず、最善のニオイ対策が採れるのだろうか。

同調査によると、異性に求めるニオイのトップは「無臭」(75.2%)で、ニオイ対策としては90%が「ニオイを取る」と回答。また「パートナーに消臭効果のあるアンダーウェアを着てほしいか」という質問では、90.2%が「着てほしい」と、特に靴下とシャツを身に着けてほしいとしている。

これから夏に向けて、特に汗のニオイが気になる季節になってくる。スメハラ加害者にならないためには、ニオイを取る、すなわち「無臭」を目指すことが最善の配慮になると言えそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking