ボリュームがスゴいと話題に!サブウェイで「野菜上限」を頼んでみた

Text by

  • 2
DSC_0123

何にでも裏技があるものだ。

「野菜上限」という頼み方があるらしい

野菜たっぷりのサンドイッチが人気のサブウェイで、「野菜上限」という頼み方があるとツイッターで話題になっている。

パンや野菜の種類を変えられるというのは知っていたが、この頼み方は初耳。

「野菜多め」よりさらに野菜盛りだくさんということ?そんな頼み方が本当にできるのか?さっそく店舗に行き、頼んでみた。

「いらっしゃいませ」「BLT…野菜…じょ、上限?…で?」

かなり緊張して頼んでみたが、スタッフの方は全く動じる風もなく「野菜上限ですね?」と普通に受け答え。

つまりこれは特に恥ずかしがるような異質なものではなく、普通の頼み方なのだ!メニューのひとつ。「ポテトLサイズで」と同じということか。

同じ値段で野菜が2倍

「野菜上限はこちらでございます」

目の前に差し出されたサンドイッチにはあふれんばかりの野菜が!かなりのボリュームだから、デートでは無理かもしれないが、野菜はたっぷりとれる。

サブウェイの公式サイトによると…

お客様のお好みにより野菜を増量させていただく目安は、基準量の1.5倍~2倍です。
サブウェイではお客様に一番おいしくお召し上がりいただけるよう、具材と野菜の量のバランスを考えています。

ちなみに普通サイズはこちら。

 並べるとこんなに違いがある。

 

レシートには同じ値段が。

ドレッシングの左右分けやミックスも可能

さらに「ドレッシングの左右分け」という頼み方もあるらしい。1つのサンドイッチをパンの真ん中で分けて、左右2種類のドレッシングをかけられるのだ。それにも挑戦。

サブウェイには「オイル&ビネガー 塩・こしょう」「シーザードレッシング」「バルサミコソース」など9種類のドレッシングがある。今回は「シーザードレッシング」と「バルサミコソース」で。

縦に食べていくので、前半は「シーザードレッシング」の味が、後半は「バルサミコ」の味がして、飽きずに楽しめる。

「野菜抜き」にするとパンのみに

そのほか追加料金なしで様々な頼み方ができるようだ。

  • 「トマト上限で」など、野菜を種類ごとに増やす
  • 中身の増量や好みに合わせてドレッシングを増量
  • 様々な種類のドレッシングをミックス
  • 4種類あるポテトのフレーバーをミックス

また、「パンのみ」も可能だが、オススメはされていなかった。

ベジーデライトの野菜全部抜きがパンになります。

価格は、ベジーデライトのサンドイッチと同じ価格です。お客様にとって割高になりますので、おすすめしておりません。

(サブウェイ公式サイトより)

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking