言うこと聞かない子はこれだよ!床屋さんが始めた「お仕置きカット」がヤバすぎる

Text by

  • 0
Facebook/A-1 Kutz

Facebook/A-1 Kutz

アメリカの理髪店の店主が始めた「新サービス」が話題になっている。その名も「ベンジャミン・バトン・スペシャル」。

(大人と同じようにしたいんだね…さあ、見た目も大人だぞ)

アトランタ郊外で理髪店を共同経営するラッセル・フレデリックさんが考えた、子どもにお仕置きするためのヘアカットだ。

お仕置き効果で成績がアップ

頭頂部はツルツルに剃り上げ、頭の周囲に少し髪の毛を残す。日本でいうところの「波平さんカット」か…(頭頂部の1本はないが)。

フレデリックさん自身、3人の子供の父親で、この写真はそのうちの1人。12歳の息子の成績が落ちたためこのカットにしたら、次から成績が急上昇したという。

他にも同じように考える親がいるのではないかと思い、無料でこのカットをするサービスを始めた。

ネットユーザーなどから賛否

Facebookに画像をアップしたところ、ネットユーザーからは「この子の表情が最高!」「悪いことしたらこの床屋さんに連れていくよ」「最近見た画像の中で一番笑えた」「うちの子の成績が落ちたらこのカットにしてもらう」などのコメントがたくさん寄せられた。

一方で、研究者やネットユーザーから「人前で恥ずかしい思いをさせることで罰するのはどうか」「精神的虐待では?」「トラウマになる」などの批判も相次いだ。

フレデリックさんによると今のところ息子以外にこのカットにしたのはただ1人。その子どもの母親はシングルマザーで、学校で悪さをした息子になにか罰をと考えていてこのカットを知ったという。

フレデリックさんは「これを精神的虐待って言う人はほとんどいないよ。それどころかこのお母さんを皆褒めている」と話している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking