ハグされたい!旭山動物園号の「ハグハグチェア」が人気沸騰中

Text by

  • 0
提供:JR北海道

提供:JR北海道

ペンギンのお散歩やホッキョクグマなどで人気の北海道・旭山動物園とJR北海道がコラボした電車「旭山動物園号」が人気を呼んでいる。

提供:JR北海道

車体にカラフルな動物が描かれ、車内もファンタジーな動物の世界が広がるこの電車だが、特に話題となっているのが「ハグハグチェア」だ。

提供:JR北海道

提供:JR北海道

その名の通り、動物たちがハグハグハグしてくれる座席。ネット上でも「かわいい!」「座りたい」「抱きつきたい」と注目が集まっている。

期間限定、1日上下1本ずつ運行

旭山動物園号は札幌、旭川間を結ぶ特急電車で、2007年4月にデビューして以来、多くの人たちに親しまれている。2013年7月には内外装を大幅にリニューアルした。

期間限定で、上り、下りともそれぞれ1日に1本ずつ運行。今後は3月21日~29日、4月4日~5日、同8日~28日に運行する予定だ。

カバのボールプールやワニの特大ぬいぐるみも

車両デザインのテーマは「地球の仲間と出かけよう」。地元旭川出身で、元旭山動物園飼育係の絵本作家、あべ弘士さんがデザインした。

ハグハグチェアは写真撮影用の座席だが、一般の座席にも動物の顔のシートがかぶせてある。

提供:JR北海道

また、1両丸ごとフリースペースの車両があり、カバのボールプールやカーペット敷きのコーナーに大きなぬいぐるみなど、特に子ども連れに人気のスペースとなっている。

車内では、楽しい着ぐるみのモグモグメイトが動物園気分を盛り上げてくれる。動物園の行きや帰りもワクワクできる旭山動物園号、春休みの旅にいかがだろうか。

提供:JR北海道

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking