コレあり?朝ごはん用のポテトチップスが登場!

2015年05月12日 14時23分

2015年05月12日 14時24分

poteto catch

朝からポテトチップス…というのは何か気が引けていたが、これからはそうでもないのかもしれない。

湖池屋が朝食マーケットに参入

スナックメーカーの湖池屋が、朝食マーケットに新規参入し、朝ごはん用の新商品として「ポテトチップス もも味」「ポテトチップス バナナ味」を発売する。

全国コンビニエンスストアでは5月18日から、スーパーマーケット等では6月1日から販売される。

パンケーキやグラノーラに倣ってフルーツを取り入れ

同社によると朝食としてパンケーキやグラノーラが流行っている理由の1つがフルーツであることに目をつけたという。

そこで「ポテトチップスと好相性」のフルーツを追求し、試行錯誤を重ねた結果、もも味とバナナ味が誕生した。

「朝ポテチを習慣に」と意欲的

湖池屋は朝食マーケット参入について以下のように発表している。

袋を開けてすぐに食べられ、栄養と満足を手軽に取れる”朝ポテチ”習慣を朝食マーケットに広げ、”ポテトチップス”をパン・米・グラノーラに次ぐ”第4の朝食”として育てていきます。

ポテトチップスでは湖池屋が老舗だが、市場ではカルビーという強敵に押され気味。湖池屋としてはポテトチップスの「新しい可能性」をいち早く見出したいところだろう。

ネットでは懐疑的な声多し

ネット上では「正直おいしそう」という声もあるが、「まじかよ」「フルーツ味とフルーツそのものは立ち位置からして違う」という懐疑派がやや優勢のようだ。

「朝ポテチ」が日本の食卓を変えるのだろうか…?

注目の記事