耳の聞こえない女性ジャズシンガーの歌声が天使すぎる

Text by

  • 1
Mandy Harvey Music/YouTube

Mandy Harvey Music/YouTube

アメリカ・デンバーを拠点に活動しているジャズシンガーのマンディー・ハーベイさんは、耳が聞こえない。

しかし聞いている人がそれに全く気付かないほど、その歌声は自然で、心に沁みる。

ハーベイさんは、生まれた時から聴覚に障害があり、大学生だった18歳の時に完全に聞こえなくなった。

「言葉とは感じるもの」と気づき音楽を再開

音のない世界。音楽が大好きで、将来はジャズボーカルのトレーナーになろうと思っていた彼女は絶望し、音楽も大学も辞めてしまった。

しかし手話を学ぶようになり、言葉とは単語の羅列だけではなく感じるものだと思うようになった。

リズムや歌詞の意味を大切に

そして再び音楽を始めた彼女。現在はデジタルチューナーを使って歌いだしのキーを調節し、楽譜を読んで歌っている。

また、正しく音階を刻むのではなく、リズムや歌詞の意味を大切にしていると言う。

耳が聞こえなくても歌えるのだから何でもできる

「音楽は私のDNA 。目が覚めたらまず音楽のことを考えるわ。そして寝る時も最後に考えるのは音楽のこと。音楽は私のすべてなの」とハーベイさん。

そして、耳が聞こえなくても自分のように歌えるのだから、どんなことでも実現できるというメッセージを伝えていきたいと話している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking