トリプル台風もくっきり!「ひまわり8号」のカラー衛星画像が美しすぎる

Text by

  • 0
ひまわり8号リアルタイムWeb

ひまわり8号リアルタイムWeb

七夕の7日はあいにくの曇り空となったが、その雲の上で今日から運用がはじまった「ひまわり8号」の衛星画像が美しいと話題になっている。

世界初のカラー映像

静止気象衛星として世界で初めてカラーでの撮影が可能になり、3つ発生している台風もこのとおりくっきり写っている。

ひまわり8号リアルタイムweb

ひまわり8号は、7号からセンサーの性能が大幅に向上したという。

気象衛星センターによると国際的にも注目されているようだ。

最先端の観測技術を有する放射計 (AHI) を搭載し、米国や欧州などの他の次世代静止気象衛星に先駆けて運用を開始することから、国際的にも注目されています

新旧ひまわりの画像を比較してみよう。左が7号、右が8号。

気象庁

気象庁

まず大きく違うのが赤、緑、青の色彩を合成してカラー画像を作成することができる点。

さらに、画像の解像度は4倍、撮影頻度はこれまでの12倍となる2.5秒に1回だ。

撮影頻度が向上したことで、積雲の急な発達などが監視できるという。

雲の発達や渦を巻く様子がくっきり

今年5月に試験的に撮影された台風6号の画像はこちら。

気象庁

台風の周りで積乱雲が発達している様子や、台風の目の中で雲が渦を巻いている様子が確認できる。

ひまわりからの衛星画像は「ひまわり8号リアルタイムWeb」で公開されている。

ネット上でも「美しい」と絶賛の声が多数寄せられている。

7日の夜は全国的に曇りや雨の予報だが、この画像で宇宙に思いをはせるのもいいかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking