ついに見つかるか?ホーキング博士も参加する120億円規模の「エイリアン探し」が始動

Text by

  • 0
BREAKTHROUGH INITIATIVES 公式サイト

BREAKTHROUGH INITIATIVES 公式サイト

理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士が、地球外生命体探しのプロジェクトに乗り出した。

1億ドル、10年がかりのプロジェクト

このプロジェクトは、ロンドンのロイヤル・ソサエティのグループ「Breakthrough Initiatives」が先導し10年かけて行うもの。

ロシアの大富豪、ユーリー・ミリネル氏が1億ドル(約124億円)を投資して実現した。

「今こそ答えを求めるとき」とホーキング博士

プロジェクトの発表が現地20日、ロンドンで行われ、ホーキング博士は「この宇宙のどこかで知的生命体が我々の光を眺めているかもしれません。今こそ、地球外の生命について答えを求めるときです」と語った。

BREAKTHROUGH INITIATIVES 公式サイト

この研究では、米国・ウェストバージニアやオーストラリア・ニュー・サウスウェールズにある世界最大の望遠鏡を使用。

地球に近い100万個の星、天の川、100個の銀河系を対象に、宇宙から地球に届く電磁波などを解析して地球外生命体の有無を調べる。

過去に行われた研究の10倍の範囲をカバーし、5倍以上の電波スペクトル(電磁波の周波数帯域)、100倍のスピードでのスキャンが可能だという。

集められたデータは全て公開

また、同プロジェクトでは、「広く一般の人たちにも知的生命体の探索に協力してもらうため」集められたデータをすべて公開するとしている。

プロジェクトには、ホーキング博士の他、地球外知的生命体研究の第一人者である米国の天体物理学者、フランク・ドレイク氏ら多くの専門家が参加する。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking