町一番の小さなお店?電話ボックスを再利用したコーヒーショップが人気に

Text by

  • 0
Jake's Coffee Box/Facebook

Jake's Coffee Box/Facebook

イギリス・バーミンガムで、電話ボックスを改装したコーヒーショップが人気を集めています。

エスプレッソ、ソーセージロールなどを販売

Jake Hollierさんがオープンした「Jake’s Coffee Box」は、使われなくなった電話ボックスを利用したコーヒーショップ。

We have lift off. 

Posted by Jake’s Coffee Box on 2015年7月21日

エスプレッソをベースにした様々なメニューに加え、フレーバーティー、ホットチョコレート、パン、ソーセージロールを販売しているそうです。

バーミンガムでは初めての試みとされていて「通り過ぎる人がもの珍しそうに見ていたよ」とHollierさん。

しかし、オープンから2時間で20人が買いに来たそうです。

狭いため中では作業できず

非常に狭い空間のため、エスプレッソマシンなどの機材を設置すると、Hollierさんが立つ場所もないほど。

外から機械を操作して、商品を提供しているそうです。

電話ボックスの有効利用が促進

日本と同様、イギリスでも携帯電話を持つ人が増え、公衆電話を使う人は少なくなっています。

そのため使われなくなった電話ボックスがさびれるまま放置されるケースが少なくないようです。

イギリスでは、そうした電話ボックスの有効利用が進められていて、他にもキオスクや図書館、携帯電話の充電所などに使用する試みが各地で行われています。

「アットホームな雰囲気の店に」

Hollierさんのコーヒーショップもそうした電話ボックスを借りてオープンしたもの。

赤い電話ボックスは、イギリスの名物の一つにもなっていて、デザインも素敵ですね。

通勤、通学の途中など、通りすがりに気軽に買えそうです。

Hollierさんは「大手のチェーンとは違ったアットホームな雰囲気の店でコーヒーを売っていきたい」と話しています。

Get yourself down to Jake’s Coffee Box, lots of freebies for use to try ☕

Posted by Jake’s Coffee Box on 2015年8月3日

「Jake’s Coffee Boxに立ち寄ってみて。無料のトッピングもたくさんあるよ」

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking