「he」「she」ではなく「ze」を使って…米の大学が性別を限定しない代名詞を推奨

Text by

  • 2
Genderfork

Genderfork

米国のテネシー大学が、性別に配慮した呼称を学内で使用するよう呼びかけ話題になっている。

新たな代名詞ができている

英語では、これまでは「he(彼)」「she(彼女)」という代名詞が使われてきたが、現在は、自らの性別に違和感を覚える人たちに配慮してGender-Neutral(ジェンダーニュートラル/性別を限定しない)の「ze」などの代名詞が新たにできている。

例えば「he」「she」に代えて「ze」「zie」「xe」が、性別を限定しない代名詞となっている。

Beyond Gender

Beyond Gender

テネシー大学では「性別を見た目で性別を判断するべきではない」とし、新学期を前に学生や教員に「ze」などの代名詞を使うよう呼びかけた。

名前も選べる

また同大は「学生は、誕生時の性別とは別の性別を選ぶことができ、法的な書類などに記載された名前とは違う名前を名乗ることもできる」としている。

ただしこの代名詞は強制ではなくあくまでも各自の意思に任せられているという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking