目撃情報続々…南アフリカの空に出現した「UFO雲」、その正体は?

Text by

  • 1
Instagram/ mijlof

Instagram/ mijlof

先週末、南アフリカの首都ケープタウンの空に不思議な形の雲が出現した。

「UFO」と話題に

ネット上には多数目撃情報が投稿され「UFO?」と話題になった。

しかし幸い、宇宙からの侵略ではないようだ。

正体は「レンズ雲」

この雲は「lenticular clouds(レンズ雲)」と呼ばれる気象現象。

湿気を帯びた強い風が、山や丘のような不整地を通った際に起こる現象だという。

ケープタウンは不整地に囲まれた地形だ。

条件下の強風がこうした大きな障害物を吹き抜ける際、冷やされてディスク型の雲を形成。

風の流れで変形し、上下に膨らみを持つような形になるという。

さらに変形

先週は、オーストラリアで津波のような雲や巨大ポータルのような雲も出現した。

今回のUFO雲はその後、風に吹かれてこんな形に…。自然の造形は計り知れない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking