小学校でラブレターはセクハラ?9歳の少年に学校が「訴える」と通告

Text by

  • 3
123RF

123RF

アメリカ・フロリダ州で9歳の少年が、学校から「セクシャル・ハラスメントで訴える」と告げられたという。

好きな女の子への手紙

少年の母親によると、公立小学校に通うこの少年は、クラスの女の子に思いを寄せており、ラブレターを何通か書いて渡したのだそうだ。

書いてあったのは「君の瞳はダイヤモンドみたいにキラキラしてて好き」といった言葉。

他の子どもからからかわれ…

しかし、この手紙がクラスの他の子どもに見つかり、その子どもたちが少年に「(ラブレターを渡した少女の)裸が見たいんだろう」とはやし立てた。

それが学校側の目に留まり、校長が少年の保護者に対し、これ以上1通でもラブレターを書いたら「セクシャル・ハラスメントで告訴します」と通告してきたという。

ラブレターは「不適切」

学校側によると「彼がラブレターを書くのは不適切」とのこと。

また、相手が望んでいないのに何通もラブレターを書いたことが、セクハラにあたるとしている。

淡い初恋が辛い思い出に…。

少年の母親は「小さな子がラブレターを書くのは普通じゃないの?息子はセクハラが何なのかすら知らないのに」と語っているそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking