意外と寝てる?成功した人の多くが1日6~8時間の睡眠をとっていることが判明

Text by

  • 12
HomeArena

HomeArena

イギリスの家具店「HomeArena」が、世界のリーダーたちの睡眠傾向をまとめた調査結果を発表した。

半数以上が6時間から8時間睡眠

この調査では、マイクロソフト社の共同創業者であるビル・ゲイツや、バージングループの会長、リチャード・ブランソンら各界で成功した21人について、その傾向を分析している。

まず睡眠時間だが、50%以上の人が6時間から8時間、睡眠をとっている。

HomeArena

HomeArena

就寝時間では60%以上が、日付が変わる前に眠りについていることがわかる。

HomeArena

HomeArena

起床時間は、午前5時が最も多く、次いで午前7時という結果だ。

HomeArena

HomeArena

ウィンストン・チャーチル元首相やトーマス・エジソンらは5時間睡眠だが、コメディアンやプロデューサーとして活躍するエレン・デジェネレスなど8時間寝ている人もかなりいる。

世界のトップ21人の睡眠傾向

以下が、政治家やCEOら21人の睡眠傾向だ。自分の睡眠と比べてみて…いががだろうか。

HomeArena

HomeArena

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking