高速道路の監視カメラに偶然写った「シロフクロウ」が美しすぎる

Text by

  • 14
Facebook/ Robert Poëti

Facebook/ Robert Poëti

交通違反の車などを監視する「監視カメラ」に珍しい風景が写し出され、話題になっています。

道路の監視カメラが偶然撮影

カナダ・ケベック州の道路の監視カメラに偶然、美しい瞬間が収められました。

Un impressionnant voyageur a été capté en plein vol le matin du 3 janvier, par les caméras de surveillance du réseau…

Posted by Robert Poëti on 2016年1月7日

「1月3日の朝、モントリオールのウェストアイランドにあるSources Boulevardのハイウェイ40の監視カメラに素敵な旅人の姿が収められました。美しいシロフクロウの写真です!」

雪景色の中を野生のシロフクロウが飛んでいる様子がはっきりと写し出されています。

獲物を探すシロフクロウ

専門家によると、これはメスのシロフクロウだそうです。

見晴らしの良い大きな道路は獲物を狙うのに最適なため、フクロウが飛来したのだろうということです。

白色の羽毛で北極圏などに生息

ちなみにシロフクロウは、人気小説「ハリーポッター」の主人公ハリーが飼っていたことでも知られています。

円山動物園のウェブサイトによるとこんな鳥だそうです。

  • 北極圏のツンドラ地帯に生息し、冬にごくまれに、北海道内でも見られることがある
  • 体長は50~65cm、翼を開いた長さは140~165cm
  • 羽毛は白色で、足の指まで羽毛が生えている
  • オスはほぼ純白なのに対し、ツンドラの高台で子育てをするメスは黒や褐色の細かい斑点が多数
  • 白夜のある北極圏に生息していることから、フクロウ類の中では例外的に日中でも活動する
  • 小型ネズミ類を捕食
札幌市円山動物園

札幌市円山動物園

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking