「死のうかと思ってたけど…」ホームレスが走り書きした感謝のメッセージに胸が熱くなる

Text by

  • 4
Facebook/ Love What Matters

Facebook/ Love What Matters

くしゃくしゃのレシートに書かれた感謝のメッセージが、ネットで話題になっています。

ドーナツ店で見かけたホームレス

Facebookに投稿されたこの走り書きは、ケイシー・フィッシャーさんがあるホームレスから手渡されたもの。

“Today I went to Dunkin’ Donuts and saw a clearly homeless guy sitting on the side of the road and picking up change….

Posted by Love What Matters on 2016年1月12日

学生のフィッシャーさんはこの日、授業前にダンキンドーナツに寄ったそうです。

そこで道端に座っているホームレスを見かけました。

そのホームレスが物乞いで得たわずかな小銭を手に店内に入ってきたとき、フィッシャーさんは何かしてあげたいという気持ちで近づいていったそうです。

ランチを一緒に

ホームレスが1ドルほどしか持っていないのが分かり、フィッシャーさんはコーヒーとベーグルを買ってあげました。

そして一緒に食べようと誘ったのです。

思いのたけを語る「彼」

それからしばらく、ホームレス(クリスという名前だと分かりました)は、自分の生い立ちや想いを語ったそうです。

顔を知らない父のこと、がんで亡くなった母親のこと、そしてドラッグ…。

自分は自分が嫌いな人間になってしまったと嘆くクリス。

そして彼は「母が誇りに思えるような人になりたい」と口にしたといいます。

「自殺を思いとどまった」

しばらくして、授業に行かなければならなくなったフィッシャーさんは、クリスに別れを告げました。

その時、クリスはくしゃくしゃになったレシートの裏にメッセージを書き、フィッシャーさんに手渡したそうです。

「字が汚くてごめんね」と言いながら。

車に戻ったフィッシャーさんがそのメッセージを読むと、こう書いてありました。

「今日、僕は死のうと思っていたんだけれど、あなたのおかげでやめました。ありがとう、素敵な人」

この投稿は2日ほどで1万以上のいいね!がつき、「シンプルな行為が人の一生を変えることがあるのね」といった感激のコメントが多数寄せられています。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking