ネットで拡散中のミーム「Be like Bill」…警察も指名手配する棒人間の「ビル」って?

Text by

  • 1
Facebook/ Be like Bill

Facebook/ Be like Bill

今、英語圏を中心にSNSで拡散されているインターネット・ミーム。それが「Be Like Bill」だ。

皮肉をこめたコメント

「ビルのようになろう」というキャッチコピーとともに、棒人間が描かれている。

Deal with it. Be like Bill.

Posted by Be like Bill on 2016年1月24日

「ビルは明日が月曜だと知っている。それを投稿はしない。毎週起こることだと知っているから。ビルは折り合いをつけている。ビルのようになろう」

ビルがどのような人間かが皮肉を込めて説明される。

多くはネット上や社会的な心得やマナーなどについてだ。

Bill just moves on. Be like Bill.

Posted by Be like Bill on 2016年1月16日

「ビルはFacebookをやっている。ビルは悪口が書かれているのを見た。ビルはただ次のページに進むだけ。ビルは賢い。ビルのようになろう」

Bill respects nature. Be like Bill.

Posted by Be like Bill on 2016年1月16日

「これはビル。ビルは運転する。ビルは車の窓からごみを捨てない。ビルは自然を敬っている。ビルは素敵。ビルのようになろう」

Be like Bill

Posted by Be like Bill on 2016年1月21日

「ビルはテレビのサッカー中継に向かって叫ばない。ビルは選手に自分の声が聞こえないことを知っている。ビルの知能は正常だ。ビルのようになろう」

いつ、誰が始めたのかは定かではないがFacebookページが開設され、このページの「いいね!」は157万人以上。最初の投稿は1月7日だ。

警察がネットに「手配書」を掲載

人気が高じてライバルページ「Don’t be like Bill(ビルのようになるな)」まで登場している。

SNSでシェアされて、時には物議を醸すこともあるこの「ビル」。

アメリカ・クイーンズランドでは警察がネットに「手配書」を掲載した。

Queensland Police are searching for a man with a very slight build, dark hat and no nose who has been repeatedly disturbing people’s timelines. He answers to the name Bill.

Posted by Queensland Police Service on 2016年1月24日

「クイーンズランド警察は非常に細身で黒い帽子をかぶり、鼻のない人物を探しています。この人物は、多くの人々のタイムラインに割り込んでいます。ビルという名前らしいです」

注目の高さがうかがえる。

英語以外の言語でも「出没」しているらしいため、日本語バージョンのビルも現れるかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking