これが紙?動物の「もふもふ感」を再現したペーパーアートのクオリティが凄い!

Text by

  • 3
Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

何の変哲もない白い紙から様々な形を生み出すペーパーアート。

動物の質感を見事に再現

中でも、カナダのアーティスト、Calvin Nichollsさんの作品は、「これが紙?」と疑わせるほど精密に、動物の毛や羽の質感が再現されている。

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

まさに飛び出してきそうだ。

この作品では、瞳に猫が映っているという細かさ。

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

質感を出す前と後ではこの違い。

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

Facebook/ Calvin Nicholls Paper Sculpture

上の画像を見て初めて、本当に「紙で作ってある」のだと信じられる気がする。

30年ほど前から取り組み

グラフィックデザイナーだったNichollsさんがペーパーアートと取り組み初めたのは30年ほど前だという。

それ以来、道具や紙の材質を探求し、作品のクォリティを追及してきた。

パーツに細かく質感を再現

まず下書きをし、紙のパーツを切り出す。

それぞれのパーツの毛や羽の1本1本をカッターで形作って質感を出す。

それを一つ一つ丁寧に貼り付け、重ねて立体感を出していくのだそうだ。

プロセスはこちら。

ウェブサイトなどで販売しているNichollsさんの作品は様々。オーダーメードも受け付けているという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking