抱っこ大好き!可愛すぎる巨大「子ウサギ」に里親候補が殺到

Text by

  • 2
Facebook/ Scottish SPCA

Facebook/ Scottish SPCA

スコットランドで里親を募集しているウサギが話題になっています。

生後7か月にして小型犬の大きさ

このウサギ「アトラス」が注目を浴びている理由、それはその大きさです。

アトラスを保護している動物愛護団体「スコティッシュSPCA」によると、アトラスは生後7か月のコンチネンタル・ジャイアント・ラビットで、すでに小型犬のテリアほどの大きさになっていますが、まだ成長中とのこと。

Our centre in Glasgow is seeking a new home for a larger than life rabbit.The 7 month old continental giant rabbit…

Posted by Scottish SPCA on 2016年2月8日

コンチネンタル・ジャイアント・ラビットは、世界最大のウサギといわれ、ワールド・レコード・アカデミーが認定した世界一大きなウサギ「ダリウス」は体長約1.2m、体重約22㎏を誇ります。

Caters

Caters

ウサギ用のケージも普通のものでは入りませんから、飼うとなると広いスペースが必要です。

餌の量なども普通のウサギのレベルではありません。

そのため、SPCAでは「この子を正しく飼うための知識が豊富で、できれば以前にコンチネンタル・ジャイアントを飼ったことがある人」を募っています。

フレンドリーで甘えん坊

アトラスはとてもフレンドリーで、甘えん坊。好奇心旺盛で、周囲を笑わせてくれるのだそう。

SPCAのFacebookには、「引き取りたい」というメッセージが多数届いています。

新しい家族ができる日も近いかもしれません。

Facebook/ Scottish SPCA

Facebook/ Scottish SPCA

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking