人間なら120歳超!王者の風格ただよう「世界最高齢の猫」が男前すぎる

Text by

  • 15
Instagram/ oldestlivingcat

Instagram/ oldestlivingcat

ギネスに認定された世界最高齢の猫をご存じだろうか。

アメリカ・オレゴン州に住むオス猫の「コーデュロイ」だ。

「折れるより曲がるほうがいい(スコットランドの格言)」

「しなやかに生きろ」ということだろうか、添えられている格言がその表情にマッチしている。

ルンバに見入る姿も哲学的。

コーデュロイは1989年8月1日生まれの26歳。

人間の年齢に換算すると121歳(120歳という説も)という。

しかし今もジャンプしてカウンターに上がったり、農場で小動物の「狩り」をしたりと、とてもその年齢には見えないらしい。

さらにその男前が人気で、Instagramのフォロワーは4,000人を超える。

「完璧は到達できない。しかし完璧を追い求めることで上達できる(ヴィンス・ロンバルディ)」

「閉ざされた精神は閉じられた書物と同じ。ただの木の塊だ(中国の格言)」

「できると信じること。それで目的は半分達成されている(セオドア・ルーズベルト)」

コーデュロイはシェルターから引き取られた。

飼い主のアシュリー・リード・オクラさんは当時7歳だったという。

物心ついたときからコーデュロイとともに生きてきたオクラさんは「彼がいなかったころの記憶はほとんどない」という。

オクラさんによると、長寿の秘訣は「爪を抜いたりせず、自由に外を歩き回らせていること」という。

オクラさんの農場は東京ドーム約50個分という広さ。

この恵まれた環境が長寿に大きく影響しているようだ。

過去最高齢は38歳

ちなみに、過去最も長く生きた猫は、38歳まで生きた「クリーム・パフ」。

コーデュロイもまだまだいけそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking