子犬だけを売るため捨てられた母犬、8匹のわが子と再会し安心した姿に胸が熱くなる

Text by

  • 0
Facebook/ K9 Crusaders

Facebook/ K9 Crusaders

捨てられた母犬と子犬たちの再会が話題になっています。

殺処分の多いシェルターから

母犬の名はノエル。

殺処分の多いシェルターから動物愛護団体の K9 Crusadersに引き取られました。

K9 Crusadersさんの投稿 2016年1月4日

シェルターの職員によると、迷い犬だったといいます。

出産したばかり

K9 Crusadersでは、ノエルは出産したばかりの体で、出産して間もなく子犬と引き離されたのだろうと推測しています。

しかもほとんど食べ物が与えられていなかったようで、その体はほとんど骨と皮ばかり。

肋骨が浮き出て、一般的な体重より9㎏ほど少なかったといいます。

ノエルは食べ物が与えられ、病院へ行き、一時的な受け入れ先の家に送られましたが、子犬たちの行方が心配されました。

「怪しい広告」で発覚

同団体やボランティアらが子犬の行方を探し始めて数日後、偶然に見つかった「怪しい広告」で、ノエルの運命が劇的に変わりました。

犬の売買のページに掲載されていた親子の犬の写真。そこに写っていた母犬がノエルにそっくりだったのだそうです。

広告には、母犬は出産で亡くなったと書いてあったといいます。

団体が確認した末、その写真の犬がノエルであることがわかりました。

しかも広告を出した人物は、ノエルを死に追いやるためシェルターの前に捨てたのと同じ人でした。

子犬をすべて買い取り

同団体では、専門家に相談し、名前を伏せて子犬たちを買い取ることにしたそうです。

ノエルが産んだ9匹のうち、8匹がまだ売られずに残っていて、その子犬たちをすべて買い取りました。

K9 Crusadersさんの投稿 2016年1月4日

子犬は生後5から6週間くらいで、母親と離していいような月齢ではなかったといいます。

団体によると「その売主は、私たちが誰かも知らず、何の質問もなくお金だけで売り渡した」そうです。

母子がついに対面

そしてついに、ノエルと子どもたちが対面。

Facebook/ K9 Crusaders

Facebook/ K9 Crusaders

子どもたちは我先にとお母さんのおっぱいに吸いつきます。

Facebook/ K9 Crusaders

Facebook/ K9 Crusaders

ノエルの安心した表情に、見ているほうも胸が熱くなります。

Facebook/ K9 Crusaders

Facebook/ K9 Crusaders

This heartwarming reunion took place around 2:40 am on the morning of December 13th thanks to Carolyne from Pound Paws,…

K9 Crusadersさんの投稿 2016年1月4日

子犬たちはすべて引き取り先が見つかり、ノエルも一時的な受け入れ先が引き取り手となって新しい家族になったそうです。

K9 Crusadersさんの投稿 2016年1月4日

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking