船から海に落ちて死んだと思われていたワンコ、3キロ泳いで無事生還を果たす

Text by

  • 0
Facebook/ Naval Base Coronado

Facebook/ Naval Base Coronado

海に落ちた犬の「サバイバル」が話題になっている。

サンディエゴ沖で転落

5週間前、ジャーマンシェパードとハスキーのミックス犬「ルナ」は、アメリカ・サンディエゴ沖で漁船から転落し、消息を絶ったそう。

ルナの飼い主、ニック・ハワースさんは漁師で、その日はルナを船に乗せ、漁をしていたとか。

そして漁の最中に、ルナがいなくなっているのに気づいたという。

「今までそこにいたのに、急にいなくなっていたんだ」とハワースさん。

最短でも陸まで3km

ルナが転落したとされる場所からは、一番近い陸地、サンクレメンテ島まででも2マイル(約3km)。

この島には海軍の基地があるため、ハワースさんが海軍に通報し、ルナの捜索が始まった。

捜索も空しく死亡と判断

ハワースさんはその場に2日間とどまってルナを探したが消息はつかめず、海軍はルナが死亡したものと判断した。

ハワースさんは失意の中、Facebookに投稿。

RIP Luna, you will be greatly missed

Nick Haworthさんの投稿 2016年2月20日

「安らかに眠って、ルナ。すごく寂しいよ」

しかし5週間ほど経った3月15日、島の大通りでルナが発見されたという。

島の大通り脇で無事発見

軍関係者が車で大通りを走っていて、通りの脇にルナが座っているのを発見。

「車のドアを開けて口笛で呼ぶと、車に飛び乗ったそうよ」と海軍の野生動物学者、メリッサ・ブッカーさんは言う。

海軍によると、ルナはおそらく3km沖から陸を目指して泳ぎ切り、その後小さなネズミなどを食べて生きながらえていたと見られる。

ルナは少し痩せたものの元気で、怪我もしていなかったそうだ。

「ものすごく嬉しくて興奮」と飼い主

旅行先でこの朗報を聞いたハワースさんはFacebookで「ものすごく嬉しくて興奮している」と語っている。

Beyond stoked to have Luna back. I alaways knew she was a warrior

Nick Haworthさんの投稿 2016年3月16日

その後、ルナは島から軍の飛行機で本土に運ばれ、旅先にいるハワースさんの代わりに友人がルナを出迎えたそう。

海軍ではルナにペット用のタグをプレゼント。

そこには「ルナ、意志を貫け」と書かれているという。

Meet Luna. Five weeks ago she went overboard her owner’s fishing boat about 2 miles off the coast of San Clemente…

Naval Base Coronadoさんの投稿 2016年3月16日

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking