間違って宅配の箱に入り込んだニャンコ、8日後に配送先で無事“開封”される

Text by

  • 1
Grove Lodge Veterinary Group

Grove Lodge Veterinary Group

箱が大好きな猫は多いですね。

でもこの猫は、入ってはいけない箱に入ってしまったようです。

段ボール箱の中にいつの間にか…

イギリスに住むシャムネコの「カップケーキ」は、宅配の箱で400㎞の旅をする羽目になってしまいました。

カップケーキのオーナー、ジュリー・バゴットさんは、注文されたDVDを送るために宅配用の段ボール箱を用意していたそうです。

そこにいつの間にかカップケーキが入り込んでしまったというのです。

8日後に配送先に到着

バゴットさんは「送るものを箱にしまってすぐに封をしたはず。カップケーキがいつ入り込んだのかわからなかった」と話しています。

カップケーキの入った箱は、誰にも気づかれないまま400㎞離れた送り先へ。

届いたのは8日後のことでした。

虐待防止協会から獣医へ

受け取ったほうも驚いたでしょう。

すぐに動物虐待防止協会に報告し、そこから獣医に連れていかれたそうです。

A very happy ending to an extraordinary story, all thanks to a microchip! http://www.grovelodgevets.co.uk/blog/cat-in-the-box

Grove Lodge Veterinary Groupさんの投稿 2016年3月24日

カップケーキは脱水症状がありひどく怯えていましたが、幸い、命に別状はなかったといいます。

マイクロチップで飼い主が判明、迎えに

「カップケーキがいなくなったと気付いて本当に怖かったし心配だった。あちこち探したの」とバゴットさん。

ポスターを貼るなど手を尽くしていましたが、まさか箱に入っていたとは思いもよらなかったといいます。

カップケーキにマイクロチップがついていたため、飼い主がわかり、バゴットさんが迎えにいって一件落着したそうですが…。

診断、治療した獣医のGrove Lodge Veterinary Groupでは、命があったのは「奇跡」だとしています。

箱に入る猫、かわいいとばかり言っていられないようですね。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking